【おすすめ】パワポでYoutubeサムネイル・ブログアイキャッチを作ってみる

小ネタ・小技集

Youtube・ブログ・Instagram・・・多くのSNSやWebサイトで「サムネイル」や「アイキャッチ」と呼ばれるおしゃれなトップ画を目にしますよね?

Youtuberやブロガーやインスタグラマーを目指している方なら、「自分もおしゃれな画像を作りたい」と思うことも多いでしょう。しかし、「作り方が分からない 、作ってみたけれど全然おしゃれにならない・・・など中々上手くいかないことも現実として往々にあります。

そこでおすすめしたいのが、「Power Point(以下、パワポ)でおしゃれな画像を作る方法」です!

普段パワポで資料作成をしている方からしたら、パワポなんて大したことが出来ない・・・と思われるかもしれませんが、実は非常に強力なツールですよ。これが出来るようになれば仕事でもスキルを活かすことが出来るので一石二鳥!是非習得してください。

それでは本題に入ります。

本サイトのために作ったものをいくつか抜粋しました。それではそれぞれの画像を作成するにあたっていくつかポイントを解説していきます。

①オブジェクトの配置と透過
②オブジェクトの頂点編集
③任意の図形で切り抜き

①オブジェクトの配置と透過を利用しておしゃれな画像を作成する

パーツを分解し、準備したものをみていきましょう。
この程度の画像であればたった3つだけ準備すれば問題ありません。

①の画像をパーツで分解した図

①はメインとなる画像(インターネット上のフリー素材を利用させていただきました)
②は[挿入]→[図形]より[長方形/正方形]を選択し、図形のオプション(※)は[白線][塗りつぶしなし]で設定しています。
③は[挿入]→[図形]より[長方形/正方形]を選択し、図形のオプション(※)は[線なし][黒で塗りつぶし][透明度45%]で設定しています。

※図形のオプションは[対象のオブジェクトを選択]→[右クリック]→[図形の書式設定(O)]で表示します。右クリックのキーがあるキーボードなら[右クリックキー]+[O]でも可能です。ショートカットキーは覚えると作業が非常に早くなるため是非覚えましょう。

続けて、オブジェクトの配置を整えます。このとき、間違っても手でオブジェクトは動かさず、ショートカットキーで操作してください!

配置のBefore/After

今回使用したショートカットキーは、①の画像と②のオブジェクトを選択した状態で
・左揃え:[alt][H][G][A][L]
・上揃え:[alt][H][G][A][T]


続けて、①の画像と③のオブジェクトを選択した状態で
・左右中央揃え:[alt][H][G][A][C]
・上下中央揃え:[alt][H][G][A][M]

をするだけです。

これで準備は完了しました。

②のオブジェクトのサイズを選択し、①の画像と同じに設定しなおします。
※分かりやすくするために②のサイズを後から変更していますが、実際には①と同じサイズにして、[①~③のオブジェクトを選択]→左右中央揃え・上下中央揃えをした方が手順が少なく済みます!

・[①~③のオブジェクトを全てを選択]→右クリック[グループ化(G)]
 ※出来れば、[対象を全て選択]→[Ctrlキー][G]推奨
・[グループ化した画像を選択]→[図として保存(S)]

これでパワポで作った画像を保存することが出来ます。

いかがでしょうか?簡単な操作でおしゃれな画像が作成できてしまいます。次回からはグループ化の解除を行い([Ctrl]+[Shift]+[G])素材の画像を変更するだけで簡単に別の画像も作れますので、是非テンプレートとしてご利用ください。

②頂点編集でデフォルトにない形のオブジェクトを作成し、一風変わった画像を作成する

続いては頂点編集を利用し、パワポに元々ないオブジェクトを作成してみます。
是非様々なオブジェクトで試し、気に入ったものをテンプレート化しておくといいでしょう。

グループ化を解除すると、このような構成になっています。
先ほどの画像作成と一部重複してしまう部分があるため、基本の設定だけ書いておきます。

①は長方形/正方形のオブジェクトを選択、枠線と塗りつぶしを黒に設定しました。
②はオブジェクトの頂点編集で作成したもの、こちらは後述します。
③は文字を強調するためグループ化の応用、こちらも後述します。
④は①のオブジェクトに対し、「右揃え+上下中央揃え」をしました。

基本は「オブジェクトの配置と透過」で作成した画像とほぼ同一操作ですが、②の頂点編集だけ違うことが分かります。それではこちらについてみていきましょう。

まず初めに、以下画像の左にあるオブジェクトを挿入します。
続けて、右クリック[頂点の編集(E)]を選択します。

頂点の編集を選択すると、以下のように頂点の編集をするモードに切り替わります。

頂点編集モードへの切り替え

後は手動で一番右側の■を選択し、左側に移動させます。
すると、あっという間にオリジナルのオブジェクトが完成してしまいました。

頂点編集後

後は色を塗りつぶしたり、配置を整えるだけで簡単に画像が作成できます。
このオブジェクト自体をテンプレとして保存しておくと、非常に使い勝手がいいため是非残しておきましょう!

続いてグループ化の応用です。
こちらは、まず一文字書いて上に協調のテキストボックスを配置しています。
※このとき、[Ctrl]+[Shift]で上に移動させると全く同じサイズのテキストボックスを、ぴたり真上に配置することが出来ます。

後は、この2つのテキストボックスをグループ化し、4文字分用意します。

そして、この4文字を全て選択し、「オブジェクトの配置を左右揃え」してあげましょう。

後は文字を「いますぐ」に変えてしまえばOKです。

いかがでしたか?最初の画像で説明した「基本の操作+頂点の編集」を覚えておくだけで、一風変わった画像を作成することができました。この程度の画像であれば、慣れるとわずか10分程度で作業を終えることが出来ます。

③任意の図形に切り抜くことで、本格的な画像を作成する

最後のテーマになります、ここまで来ると非常に本格的な画像の作成が出来ます。
いつものようにグループ化の解除をすると以下のようなパーツに分けることが出来ます。

①はいつもの如く黒塗りの長方形/正方形オブジェクトを配置
②は頂点編集で作成したリボンを配置
③は画像を切り抜いた画像を配置

①と②については既に解説した通りですので、③の画像を切りぬくところの解説を行います。

初めに[ファイル]→[オプション]から[クイックアクセスツールバー]を選択します。

クイックアクセスツールバー

・コマンドの選択:すべてのコマンド
・図形の重なり抽出
・クイックアクセスツールバーをリボンの下に表示する:チェック

を行い、クイックアクセスツールバーに図形の重なり抽出を追加します。

次に、画像の上に切り抜きようのオブジェクトを作成します。
※ここでは台形にしていますが、〇や△など様々な形で切り抜くことが可能です。

その後、以下画像のようにShiftキーを押しながら[切り抜かれる画像①]を選択→[切り抜く画像②]を選択し、[図形の重なり抽出]を選択します。

図形の重なり抽出

たったこれだけの作業で画像の重なり抽出が完了してしまいます。
後はいつもの通りに[画像の配置]→[グループ化]→[画像の保存]をするだけです。

いかがでしょうか?結構本格的な画像にも関わらず、パワポで色々な作業をしておくと後は画像の差し替えや文字を変えるだけで簡単におしゃれな画像を量産することが出来てしまいます!

まとめ

ざっくりとした説明ではありますが、これらの画像を自分で作ることが出来るようになっていればパワポの基本操作は十分備わっています。

大事なことなので毎回口を酸っぱくしていいますが、絶対にショートカットキーを使ってオブジェクトの操作をするようにしましょう!効率が断然違いますので、この癖だけは徹底するようにしてください。

[alt]を押すと、ショートカットキーが順番に表示されていくため、そこから自分が良く使うショートカットキーを覚えるのもありです。(配置も自分は[alt]から探しました)

これを機に皆様のスライド作成がより早く・美しくなれば幸いです。
それでは次回をお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました