【ビジネスモデル・スキルセット】ITコンサルとSIerの違いを徹底比較!

ITコンサル

本日は近年需要が高まっている「ITコンサル」について特集していきます。

プロフィールでもご紹介していますが、私自身も元はSE出身であることからITコンサルとしてプロジェクトにJoinすることも多いです。(半分は事業企画やセキュリティ案件ですが)

そのため、こちらでプロジェクト経験を元にした業務内容についてまとめていきます。

読んでいただきたい方

1. 現在エンジニアで、今後ITコンサルに興味がある方(フリーランス問わず)
2. 事業会社でサービス・システム開発に従事しており、キャリアステップとしてITコンサルを検討している方
3. 新卒でITコンサルを目指しており、業務内容を把握したい方
4. ITコンサルのご利用を検討されている方

それでは本編をどうぞ!

コンサルとSIerはビジネスモデルが違うため、その解決手法から含め全く違う存在であるということ。

近年、多くのSIerがコンサルティングサービスという言葉を用い、逆にコンサルファームも「システム導入支援」のような名目でシステム開発に参画することが非常に多くなっています。

しかし、ITコンサルとSIerはビジネスモデルの違いからアウトプットに決定的な差があります。

以前、コンサルタントのスキルセット紹介でも少し触れさせていただきましたが、コンサルとSIer(リンク先ではソリューションベンダーになっていますが、ほぼ同意)は「最善の解決策」を考えるコンサルと、「自社製品による解決策」を考えるSIerとで全く異なります。

ITコンサルとSIer(ベンダー)の違い

これだけ見れば「最善の解決を考えてくれるコンサルの方が上」という結論に至るかもしれませんが、決してそうではなく、あくまでもケースバイケースであるということをご理解いただきたいです。

例)コンサルがシステム導入を支援した場合

システム開発における各フェーズで言えば、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • 企画~要件定義:サービス開発におけるビジネスモデル策定・ベンダー選定・システム化要件・業務設計(オペレーションを「いつ・どこで・誰がするか」決定すること)など、全ての業務で代行が可能。ただし「実現性」まではベンダーなどの開発部隊に確認することもある。
  • 開発:一般的に開発は自社で行わず、開発フェーズではPMOとして「クライアントの社内調整」や「ベンダーとの間に立ち円滑なプロジェクト推進」を行うことが多い。もちろん導入するソリューション次第では各種設定なども可能。
  • 保守運用:施策改善立案がメインの業務であり、保守は開発を伴わないことから基本は不要。施策改善立案をする際、現状のシステムを追加開発していくのか、他ベンダーとの組み合わせで実現するのか判断しつつ進めることが多い。

例)SIerがシステム開発をした場合

システム開発における各フェーズのメリット・デメリットは以下のようになります。

  • 企画~要件定義:サービス開発におけるシステム化要件・業務設計などの業務で代行が可能。「実現性」も考慮することは出来るが、あくまでも自社内での実現性の確認である。
  • 開発:自社で開発するか、または開発ベンダーにプログラム開発はアウトソースしているが、デメリットはコミュニケーション、基本的に開発用語を知らない企業担当者などは非常に意思疎通が取り辛い。
  • 保守運用:保守はもちろん可能。施策改善立案をする際、現状のシステムを追加開発していくのか、自社の別パッケージと組み合わせで実現するのか検討する。

もちろん上記したもの以外にも違いは多々ありますが、全てはビジネスモデルが違うためこのようなスタンスの違いが生まれているのがご理解いただけたでしょうか?
※本当にどちらが上とは思っていないので、SIerはいますぐにコンサルティングサービスとは名乗って欲しくないのが本音です。

だからこそ、「ITコンサルかSIerか迷っている方」や「ITコンサルを使いたい方」はこの違いを理解してからITコンサルがいいのか、SIerがいいのか判断するといいでしょう。

判断材料

●ITコンサルになりたい方
・SIer:専門性を突き詰めたい方におすすめ
・ITコンサル:多くのサービス開発(事業全体)に携わりたい方におすすめ

●ITコンサルを使いたい方
・SIer:具体的な要件は決まっているが、実際にどう実現すればよいか分からない場合
・何となくやりたいことは見えているが、要件設計からフォローして欲しい場合

今迷っている方は是非参考にしてみてください。

ITコンサルに必要なスキルは「IT業界のプロフェッショナル」として知識経験を汎化することが重要

では、そんなITコンサルに必要なスキルとは何でしょう?
答えは簡単、課題解決に必要なスキル(コミュニケーションスキル・論理的思考力)+IT業界に関連する幅広い知識・経験です。

ITコンサルに必要なスキルセット

図にも記載していますが、ITに関連した解決すべき課題(業務)は多岐に渡るものです。
他に専門領域を持つコンサルでも調査すればある程度こなすことは可能ですが、例えば「ベンダー選定」など実際にある程度ベンダー付き合いがなければ判断出来ないこともあります。

だからこそ、ITコンサルに求められるのはコンサルとしての基礎力に加え、業界の幅広い知識・経験になります。

ITコンサルがSIerと異なるのは前章で説明した通りですが、これらの解決すべき課題は実際SIerというよりは事業会社がすべきこと(基本コンサルは事業会社を支援するため)に似ており、そういった意味ではITコンサルに必要な知識・経験が事業会社出身の方が向いてはいます。

かといって、事業会社には会社毎の社風があるため、別のプロジェクトにアサインされると戸惑う場面もあります。そういった意味では比較的多くのプロジェクトに従事するSIerの方が向いている・・・など、転職を考えている方の悩みは尽きないでしょう。

だからこそ、ITコンサルとして活躍するのであればこれだけは絶対に出来なければいけないことがあります。

それこそが「今までの知識・経験を汎化しITが分からない人に伝えることが出来ること」です。

これは自分過去の経験(PG/SE→事業会社→コンサル・・・)から言って、最も重要と言っても過言ではないことです。是非出来るようにしましょう。

最後に

今回はITコンサル・SIerの違いについてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?

冒頭でも簡単に触れておりますが、近年コンサル業界でも特にITコンサルの需要は高まっており、今後益々盛り上がる見せること間違いなしの職業です!

何故なら「今至るところでDX(Digital Transformation)が叫ばれている」そして「スクラッチ開発よりもサービスやパッケージ(OSS含む)で安価に素早く実現できる」ような時代になってきたことから、要件定義~導入支援まで出来るITコンサルは必要不可欠な存在と言えます。

モノづくりが出来る開発は確かに楽しいです。しかし、単体で事業にはなり辛いです。
※ECなどはもちろん単体で事業にしていくことも出来ます。

しかし、ITコンサルはあくまでもコンサルタントです。だからこそ、事業全体をITで課題解決していくITコンサルにはまた違った楽しさがあります。

ITコンサルになりたい方・ITコンサルを利用したい方・・・この記事を読んで少しでも興味があれば是非ご連絡ください、可能な限り業界の裏側についてお話します(笑)

それでは次回をお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました